2021.02.01
社名変更のお知らせ

弊社は創業以来「株式会社Tech Design」の商号で事業を運営してまいりましたが、2021年2月1日付けで弊社は「株式会社Resilire(レジリア)」に社名変更いたしました。

社名変更の経緯について

弊社は、創業以来一貫して「災害による被害を予防するイノベーションを起こしたい」という理念を持って防災事業に取り組んでまいりました。

元々の社名(Tech Design)については、代表が個人的に持っていた思想である「テクノロジーで新しい社会の当たり前をデザインしたい」というものからきています。

ただ、企業理念を想起させる社名でない事に違和感を感じており、それらを払拭できる社名にいつか変更したいと常々考えておりました。(実はデザインの会社と誤解される事も多かった笑)

そんな中弊社は、2020年6月にサプライチェーンリスク管理SaaSである「Resilire(レジリア)」のβ版をリリースいたしました。

Resilireは想像以上に反響があり、実績が何も無い中名だたる大企業が導入を進めて下さっている非常に有難い状況になってきました。

様々な企業へ導入を進めていく中で、Resilireは私たちの理念を体現する大きな一歩になる事業なのではないかと強く感じました。(導入先企業様からの感動の声や、事業として今後社会に生み出せる価値の大きさが少しだけ推し量れるようになったところから感じております)

そこで、弊社は今後「Resilire」により一層注力していこうという気持ちを込めて、社名もサービス名と同じResilireに変更する事にいたしました。

Resilireの由来について

Resilireは、レジリエンスという言葉からきています。
レジリエンスは「外的な衝撃に立ち直るしなやかな強さ」といった意味を持っています。
このサービスを、レジリエンスの構築に起用できるリスクマネジメントサービスにしていきたい。そんな想いから名前をつけました。

ロゴについても、災害による被害のボラティリティを小さくしていく印象を与えたいという部分を意識して、デザインしました。

今後について

ここ最近は新型コロナウイルスだけでなく東北で大きな地震が起きたりと、私たちの日常が脅かされる不測の事態が続いています。
今起きている問題、そして今後起きる問題に早く大きく貢献できるようResilireの機能改善に尽力してまいります。
引き続き新しい社名でもよろしくお願いいたします。
新着情報
社名変更のお知らせ
Tech Design、防災AIベンチャースペクティと事業提携を発表
弊社が提供するサービス「Resilire(レジリア)」が日経に掲載されました。
BCM(事業継続マネジメント)の完全クラウド化を実現するプラットフォーム「Resilire」のβ版をリリースしました。
危機管理のSaaSを開発する「Tech Design」がシードラウンドで3000万円の資金調達を実施